【iPhone修理】充電ができない非常事態に直面!

充電コネクタの入るソケット部分の突起が折れてしまい充電が一切できなくなってしまったことがあります。USBケーブルを指すことはできますが、穴が開いている状態で本来充電するための金具があるのですがその部分が完全に折れており充電が一切できないということです。折れた原因ですが、USBケーブルを新調した際、きつかったので無理やり外したら折れたということです。

充電ケーブルを差し込む部分のプラスチック部分がぽっきりと折れたということです。折れた原因はiphone自体が古く、充電ソケットが劣化していたのか、はたまた新しく新調した充電ケーブルがきつかったため無理やり外してしまった際に折れたのか分らないということです。気が付いたら折れていて、USBケーブル側にその折れた部分が引っ付いていたということです。

自分で修理をしました。iPhone修理の仕方ですが、結構分解の仕方を解説しているサイトが当時はありまして、動画のほか、静止画で分解の方法が乗っており、折れてしまった部品についてもインターネットで代理部品が普通に売られているため、代理品と交換して修理をしました。ちなみに分解に必要な工具は自宅に一式揃っており、携帯ゲーム機を修理する際に使用していた工具がそのまま応用できるため、液晶部分を取り外す吸盤だけを新しく購入し、液晶に吸盤をつけ、引っ張り外す形でiphoneを二つに外すことに成功し、その後は普通に精子が似て分解していきネジを外したりコネクタを付け替えたりして修理完了です。他の部分はあまり触っておらず極力、充電品だけを修理し元に戻したということです。

USBケーブルがきついと感じたら無理に外そう、または入れようとしないことにしました。ケーブル自体も相性がありきついものやそうではない物があるらしく、そうした詳しい情報を知らずにケーブルを新調したため、充電ソケット部分を破壊してしまう結果になりました。後、やはり純正の充電ケーブルを購入するという選択をするべきであった可能性もあります。よくわからないケーブルだったので、ひょっとしたら出来の悪い充電ケーブルだったのかもしれないです。ですので、保証期間内のiphoneを今度購入する場合においては純正の充電ケーブルを使用して、保証が過ぎてから新しい充電ケーブルを使用するかしないかを考えたうえで決めていくという方針にします。

 

【iPhone破損】画面にひび割れで利用に支障が出たが買い物中に治った

iPhoneの液晶割れで画面が見れなくなった

iPhoneを落としてしまったせいで、画面に少しひびが入ってしまって、画面の接触が悪くなってしまって、画面が急に見れなくなることが多発してしまいました。最初はそのまま無理して使っていたのですが、仕事など大切な要件に支障が出てしまったので修理することにしました。

画面の数か所にひびが入ってしまいました。また落としたせいで接触も悪くなっていたようで、使用している途中で急に画面が暗くなって使えなくなってしまうことが多発しました。落として支障が出たのは画面だけで、その他の部分は無傷でした。

iPhone修理はショッピング中に終わった!

最初は画面にひびが入っているだけだと思っていたので、ちょっと画面が見にくくなってしまったけど、それは我慢してそのまま使っていたのですが、使っている途中で画面が暗くなって使えなくなることが何度も起こったので、修理をすることを決意しました。そしてネットで色々と情報を調べてみると、近くのイオンモールにiPhoneの修理を安くやってくれるショップがあることが分かりましたので、どれくらいの金額で画面の修理をやってくれるのか見てもらいに行きました。すると画面にひびが入って接触も悪くなっているので、修理ではなく画面ごと取り替えた方が良いと言われました。幸い、その時、お店はそんなに忙しくなかったので、その修理は40分ほどで終わると言われましたので、そのまま画面の取り換えをお願いして、その間はモールで買い物をしていました。そして指定の時間にショップに戻ると元の状態に戻ったiPhoneになっていたので嬉しくなりました。

iPhoneの画面に液晶保護フィルムやガラスフィルムを貼ると、もし落としても画面を保護することが出来るので良いと思います。またiPhoneのカバーは側面と裏面にのみ付けるタイプでは無く、表面部分も保護してくれるタイプのカバーの方が画面を守るためには良いと思います。このタイプのカバーだと電話がかかってきた時に、表面のカバーを横に開く必要があってちょっと面倒くさいですが、画面が壊れてしまうリスクを負うよりは良いと思います。このiPhone全体を保護してくれるタイプのカバーを付けて、それに更にプラスして液晶保護フィルムやガラスフィルムで画面を保護するとさらに心強いと思います。それからiPhoneを持っている時には落とさないように気を付けることが大切です。

岡山で即日iPhone修理ができるお店

岡山県のiPhone修理屋では平日は10:00から19:00まで、土日祝でも10:00から17:30開いているようですので、仕事が終わった後や休みの日にも利用しやすそうだなと思います。また「電話予約」と「Web予約」というものが出来そうなので、忙しくても先に予約を取れて便利だなと思います。

【夢の新築一戸建て】どうやって選ぶ?

新築一戸建てを選ぶときのポイント
新築一戸建てを買う場合、さまざまな選択肢ごとの特長を知ることで、より良い物件選びができます。新築住宅には「土地を買って注文住宅を建てる」ケースもありますが、今回は「土地+新築住宅」を買うときの基本的なポイントを確認していきましょう。

売主の会社の規模は大手から零細まで
新築マンションの売主は、大手~中堅不動産会社の場合が大半でしょう。それに対して新築一戸建て住宅の売主は大手不動産会社ばかりでなく、地場の不動産会社や工務店などの場合もあります。1年間に数千棟を売るところもあれば、1~3棟程度のところもあるでしょう。
売主が小さな会社だからといって、できあがる建物が悪いわけではありません。失敗したら命取りになりかねないからこそ、真剣に取り組んでいることも考えられます。しかし、住宅を引き渡した後のアフターサービスには少し心配があるかもしれません。
売主が小さな会社のときはとくに、保証の内容やアフターサービスの規定などについて、仲介会社にしっかりとチェックしてもらうことが大切です。
なお、新築住宅については基礎、壁、柱、屋根など「構造耐力上主要な部分」および「雨水の浸入を防止する部分」に対する10年間の保証義務(瑕疵担保責任)が法律で定められているため、売主がどの不動産会社でも変わりません。しかし、住宅設備に関してはメーカーによる1~2年の保証期間にとどまるケースも多いでしょう。
そのため、一部の不動産会社ではシステムキッチン、給湯器、温水洗浄トイレ、システムバスなどの住宅設備について独自の保証サービスを取り入れており、たとえば野村不動産では一律10年の保証期間を設けています。サービス内容は不動産会社によって異なるため、よく説明を受けるようにしてください。

販売される物件の数もさまざま
建売住宅では、同時に販売される戸数も物件によって大きく異なります。既存の住宅地では2~3戸程度の場合が多いものの、1戸だけが販売されることもあります。また、大規模な開発分譲地では数百戸が同時に、あるいは数期に分けて売り出されることもあるでしょう。
戸数が少ないときには周囲の様子も分かりやすいのですが、戸数の多い開発分譲地の工事初期であれば、完成後にどのような様子になるのか図面などでしっかりと確認しなければなりません。現地確認の際にはなかった電柱が後から立てられるような場合もありますから注意が必要です。

新築の戸建をネットで調べるときには、品川区 新築 戸建て、立川 新築 戸建てなど気になる区や住みたい地域を具体的に入れて検索をしてみましょう。

【初心者必見】XMゼロ口座8つのメリットをご紹介

XMゼロ口座8つのメリット

XMゼロ口座を使うことによるメリットを8つご紹介します。

XM口座をまだ持っていないという方にはゼロ口座はおすすめです!そのメリットを確認してみてください!

1. XMの他口座よりもスプレッドが狭い

最大の魅力はスプレッドの狭さ。「Zero」の名の如く、USDJPYやEURUSDといったメジャーな通貨ペアならスプレッド0も珍しくなく、取引手数料を含めたとしてもスタンダード口座やマイクロ口座よりも確実にコストを抑えられます。
デイトレードやスキャルピングなど回転率の高いトレードスタイルにおいて、スプレッドや手数料は勝ち負けに大きく影響してきますから、削れる限り削るべきもの。スタンダード・マイクロ口座よりもざっと3~4割抑えられるので、試す価値は大いにあるでしょう。

2. メジャー通貨ペアの約定が速い

頻繁に取引される通貨ペアの約定が速い
ゼロ口座はECNであり、 ECN取引はブローカーが介在しない直接取引システムなので、約定できないということがありません。
約定速度は頻繁に売買が行われているかによって決まるので、マイナーな通貨ペアはなかなか売りと買いが一致せず指値で売買をするのが難しいのです。
ただ、ゼロ口座は全注文のほぼ100%が1秒未満という高速な約定力を誇っています。

3. 取引形態がクリーン

スタンダード口座とマイクロ口座が採用しているSTP方式とZero口座のECN方式はどちらもディーラー不在のNDD方式ですが、注文同士が直接マッチングするECNのほうがより透明性が高く、一般投資家向けの取引形態としては最もクリーンな取引形態といえるでしょう。
確かに取引コストだけ見れば相対取引の国内業者へ軍配上がりますが、約定拒否や顧客が不利になるスリッページといった“隠れスプレッド”の存在を知ってしまうとどうしても使う気にはなれません。

4. 取引手数料を経費として申告できる

ゼロ口座の取引手数料は、「取引明細書」として出力ができます。
取引明細書があることで、 取引手数料が発生したことを証明でき、FXにおける利益を得るためにかかった「経費」として確定申告で認められます。
スプレッドは経費として認められませんが、取引手数料は経費として認められますので少しでも節税しましょう。

5. 他業者のECN口座に比べ最低入金額が低い

スタンダード口座とマイクロ口座は最低入金額が5ドルに設定されているのに対し、Zero口座は100ドルに引き上げられていますが、実はECN口座としては最安水準なのです。
参考までに、Axiory ナノスプレッド口座やTitan FX ブレード口座は200ドル~、Tradeview Forex ILC口座は1,000ドル~、LAND-FX ECN口座は2,000ドル~となっています。

6. 最大500倍というハイレバレッジ

口座残高が2万ドルを超えなければ、XMのゼロ口座は最大500倍という高レバレッジで取引できます。
国内業者は25倍までのレバレッジしかかけられないので、国内業者では満足できない方や、少ない資金で一気に稼ぎたい人におすすめです。
XMのスタンダード口座やマイクロ口座ではレバレッジは最大888倍なので、それを考えると物足りない方もいるかもしれません。しかし、国内業者と比べると高レバレッジと言えるでしょう。

7. 追証が発生しないゼロカットシステム

国内業者は例外なく「追証」(おいしょう)が設けられています。追証とは「追加証拠金」の略称で、証拠金の維持率が一定水準を下回った場合に発生する追加の担保です。ひとたび発生した追証はいわば借金ですので、必ず支払わなければなりません。
スイスフランショックやイギリスEU離脱国民投票のようなビッグイベントの際、相場は目まぐるしく変動するため、本来頼りになるはずの「強制ロスカット」が発動しないことがあります。あまりにも相場変動が大きいと、口座残高がゼロを振り切ってマイナスへ達してしまう恐れもあり、そのマイナス分は全額追証として請求されますので、常に不意の借金のリスクを抱えた状態で取引することになります。
一方の海外FXは、「追証なし・ゼロカット制度有り」が当たり前で、XMでもZero口座含めすべての口座においてゼロカットを設けています。ゼロカットとは、万が一生まれてしまった口座のマイナス分を業者が補填、言い換えればチャラにしてくれるという心強い制度で、ゼロカット有りの業者なら口座以上の損失は生まれません。

8. 初回口座開設で3,000円の取引用ボーナスが貰える

XMを『ボーナスが魅力的だから』という理由で利用しているユーザーは少なくありません。
ゼロ口座はXMのスタンダード口座やマイクロ口座に比べてボーナスが少ない、というデメリットはあるのですが、それでも3000円の口座開設ボーナスが貰えることは大きなメリットと考えて良いでしょう。

【手順解説】不動産選びのコツ

丁寧に動機を聞いてくれる会社に

不動産選びをするときに最も重視するべきポイントとしては親身になって不動産選びをしてくれるかどうかです。そのためには少し話を聞いてみて、動機を聞いてくれるか、どうして家w探しをしているかについてきちんときいてくれるような人でしたらいいかもしれません!

なぜなら希望の条件を伝えただけでは、それに全部マッチする物件がみつかることは少ない場合が多いです。
そのときに、物件を押し付けるのではなく、どういうこだわりがあるのか、転居の場合は、どのような理由があるのかを聞いてくれるかどうかは、不動産会社は一つの選ぶ目安になります。
そこから大事なポイントをみつけ、経験を踏まえた上で、よい提案をしてくれることがあるからです。

事前に希望する条件の優先順位を決めておきそれを伝える

不動産会社を訪れるタイミングは?

基本的に不動産会社が混むのは、週末や平日の午後。
年間を通じては、引っ越しシーズンの1~3月はいつでも常に混雑しています。ここはハイシーズンなのでじっくるり選びたい方は避けましょう
自分の予定の空き時間にあらかじめ予約しておいた方が待たされずに済みますので計画的に行動することができます。
また、予約の際に電話などで希望を伝えておくと時間を有効に使えるだけでなく、掘り出しもの物件を紹介してもらえる可能性があります。
不動産会社への訪問は、1回だけで完結することはほとんどありません。
その時にピッタリ合う物件がなくても、自分の希望をしっかり伝えておけば探してくれますし、新しい情報が入れば連絡してくれます。

ただ、条件にこだわりすぎると、物件探しの選択肢を狭める可能性があるので、優先順位を決めておく必要があります。厳しすぎずに、ここだけは譲れないという条件を伝えておきましょう。

例えば、東大和市の新築で2階建て、駐車場2台など、4つほどの条件で伝えておくのが無難化と思います。加えて、あると尚良いという条件で、南向きに窓がある、ロフト付きなどの条件を添えておくと、いい物件が見つかりやすいです!
なお、良い条件がそろっている物件には申込者も多いので、見学を希望する際はまだ借りられていないかどうか確認しましょう。

不動産選びの手順はこのようにしよう!

事前に希望する条件の優先順位を決めておきそれを伝える

基本的に不動産会社が混むのは、週末や平日の午後。
年間を通じては、引っ越しシーズンの1~3月はいつでも常に混雑しています。
自分の予定の空き時間にあらかじめ予約しておいた方が待たされずに済みますので計画的に行動することができます。
また、予約の際に電話などで希望を伝えておくと時間を有効に使えるだけでなく、掘り出しもの物件を紹介してもらえる可能性があります。
不動産会社への訪問は、1回だけで完結することはほとんどありません。
その時にピッタリ合う物件がなくても、自分の希望をしっかり伝えておけば探してくれますし、新しい情報が入れば連絡してくれます。

ただ、条件にこだわりすぎると、物件探しの選択肢を狭める可能性があるので、優先順位を決めておく必要があります。厳しすぎずに、ここだけは譲れないという条件を伝えておきましょう。

例えば、武蔵村山市の新築で2階建て、駐車場2台など、4つほどの条件で伝えておくのが無難化と思います。加えて、あると尚良いという条件で、南向きに窓がある、ロフト付きなどの条件を添えておくと、いい物件が見つかりやすいです!
なお、良い条件がそろっている物件には申込者も多いので、見学を希望する際はまだ借りられていないかどうか確認しましょう。

動機や理由を聞いてくれる不動産会社に

希望の条件を伝えただけでは、それに全部マッチする物件がみつかることは少ない場合が多いです。
そのときに、物件を押し付けるのではなく、どういうこだわりがあるのか、転居の場合は、どのような理由があるのかを聞いてくれるかどうかは、不動産会社は一つの選ぶ目安になります。
そこから大事なポイントをみつけ、経験を踏まえた上で、よい提案をしてくれることがあるからです。

ケアマネージャーの選び方

経歴や資格をチェックする

正式には「介護支援専門員」といわれる職業で、要介護認定を受けた人が適切な介護保険サービスを受けられるように支援する役割を担います。
ケアマネジャーの仕事内容は大きく分けて二つあります。
要介護者やその家族と話し合い、必要な介護保険サービスを利用できるように「ケアプラン」を作成することと、ケアプラン通りに介護生活を送れるようにサービス事業者との調整を行うことです。

ケアマネジャーの仕事には、介護や看護に関する豊富な知識と経験が必須です。
そのため、ケアマネジャーになるには試験に合格して研修を受け、「介護支援専門員」の資格を取得する必要があります。
試験の受験資格を簡単にまとめると、以下の通りです。

・医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、社会福祉士などの国家資格を持ち、従事している期間が通算して5年以上ある人。また、それに当たる業務に900日以上従事している人。

・生活相談員、支援相談員、相談支援専門員などの相談援助業務に従事している期間が、通算して5年以上ある人。また、それに当たる業務に900日以上従事している人。

・介護業務に5~10年以上従事している人(ただし、平成30年度以降は受験不可)。

受験資格を見るとわかるように、ケアマネジャーとは、元々「保健」「福祉」「医療」の分野におけるスペシャリストとして豊富な知識と経験を持っている人たちなのです。

緊急時の対応ができる人かのチェック

被介護者とその家族、サービス事業者など、多くの人が関わる介護では、緊急時や問題が発生したときに迅速な対応が求められます。

●居住地や勤務地が自宅から近いかどうか
ケアマネジャーの所属する事業所や居住地が被介護者の自宅から遠いと、血圧の急変などの緊急時にすぐに対応してもらえないおそれがあります。
緊急のショートステイが必要になったときなど、受け入れ可能な施設を探すのに地域の情報やネットワークが必要になることもあるでしょう。
また、介護保険は保険料の基準額などに地域差があり、申請方法にも違いがあります。
素早く対応してもらうためにも、自宅のある地域と同一市区町村の事業所に所属するケアマネジャーを選ぶのがベストです。

●問題が発生したときの素早い対応が重要
介護はいつも作成したケアプラン通りに進められるとは限りません。
実際に介護サービスを利用し始めると、急いで相談したいことが出てきたり、被介護者の体調や家族の都合などで急な変更が必要になったりすることもあるでしょう。
そうした場合に柔軟に対応をしてくれる、フットワークの軽いケアマネジャーが理想的です。