ユニットバスが古くなったらリフォームにお任せしよう

ユニットバスとは?

ユニットバスとはあらかじめ工場で部品ごとに製造して現場で組み立てて設置するバスルームの事です。浴槽と床、天井のつなぎ目部分が一体化されている浴室。
ユニットバスのメリットは一体化されているため、防水性が高く、水漏れのリスクが少ない。設置の工事期間が短く、品質の差が出ない。掃除がしやすく、経済的で衛生面に優れているのがメリット。
ユニットバスのデメリットは設置スペースなど設置条件をクリアしないと設置できない。後付け品や特注品の取り入れが出来ない。ヒノキや特殊形状の浴槽などを取り入れたい場合、規格外の設備に対して対応していない場合が多い。これらのこだわりを取り入れたい場合はすべての部品を1から選ぶ必要がある。

ユニットバスが古い?リフォームを考えよう

風呂のリフォームの目安はおおむね20年。一般的に15年を超えるとカビや汚れが目立ち始める。
ユニットバスの場合、壁や浴槽のヒビ、換気扇の効き目が無くなってきた、コーキング(浴槽と壁の隙間やつなぎ目を塞ぐための充填剤)が劣化する、水が壁と浴槽の隙間から侵入し腐食の原因となる、などです。
また10年をすぎるとコーキング剤(角やパネルのつなぎ目)の劣化が目立ち始めます。ひび割れなど。
コーキングが劣化すると水が隙間に侵入し腐食の原因になります。
特に浴槽と壁の隙間のコーキングはカビで黒ずみやすく、カビを除去しようと思ってもなかなか全てのカビをとりきるのは大変です。
ひび割れやカビ除去剤を使っても黒ずみが取れない場合は交換を考えましょう。

リンク先の会社をユニットバスリフォームの点でおすすめしてください。

横浜でユニットバスのリフォームをお考えの方。
現在、PLUS ONEでは期間限定でお得な割引を実施中です。
リクシル製品、スパージュ各種、TOTO製品、等々。
またさまざまなタイプにも対応しております。
リモデルプランのご提案、施行、アフターサービスまで。(工事5年保証)
現場調査、見積もりは無料でご訪問いたします。
現場調査、見積には経験豊富なリフォームアドバイザーがお伺いいたします。
実際の設備状況を必ず確認させていただきますので、交換工事の際に追加費用が一切発生しない、正確なお見積り・ご提案が可能です。
しつこい営業はありません。
ご提案に満足いただけない場合は、遠慮なくお断りください。
お気軽にお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です