ケアマネージャーの選び方

経歴や資格をチェックする

正式には「介護支援専門員」といわれる職業で、要介護認定を受けた人が適切な介護保険サービスを受けられるように支援する役割を担います。
ケアマネジャーの仕事内容は大きく分けて二つあります。
要介護者やその家族と話し合い、必要な介護保険サービスを利用できるように「ケアプラン」を作成することと、ケアプラン通りに介護生活を送れるようにサービス事業者との調整を行うことです。

ケアマネジャーの仕事には、介護や看護に関する豊富な知識と経験が必須です。
そのため、ケアマネジャーになるには試験に合格して研修を受け、「介護支援専門員」の資格を取得する必要があります。
試験の受験資格を簡単にまとめると、以下の通りです。

・医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、社会福祉士などの国家資格を持ち、従事している期間が通算して5年以上ある人。また、それに当たる業務に900日以上従事している人。

・生活相談員、支援相談員、相談支援専門員などの相談援助業務に従事している期間が、通算して5年以上ある人。また、それに当たる業務に900日以上従事している人。

・介護業務に5~10年以上従事している人(ただし、平成30年度以降は受験不可)。

受験資格を見るとわかるように、ケアマネジャーとは、元々「保健」「福祉」「医療」の分野におけるスペシャリストとして豊富な知識と経験を持っている人たちなのです。

緊急時の対応ができる人かのチェック

被介護者とその家族、サービス事業者など、多くの人が関わる介護では、緊急時や問題が発生したときに迅速な対応が求められます。

●居住地や勤務地が自宅から近いかどうか
ケアマネジャーの所属する事業所や居住地が被介護者の自宅から遠いと、血圧の急変などの緊急時にすぐに対応してもらえないおそれがあります。
緊急のショートステイが必要になったときなど、受け入れ可能な施設を探すのに地域の情報やネットワークが必要になることもあるでしょう。
また、介護保険は保険料の基準額などに地域差があり、申請方法にも違いがあります。
素早く対応してもらうためにも、自宅のある地域と同一市区町村の事業所に所属するケアマネジャーを選ぶのがベストです。

●問題が発生したときの素早い対応が重要
介護はいつも作成したケアプラン通りに進められるとは限りません。
実際に介護サービスを利用し始めると、急いで相談したいことが出てきたり、被介護者の体調や家族の都合などで急な変更が必要になったりすることもあるでしょう。
そうした場合に柔軟に対応をしてくれる、フットワークの軽いケアマネジャーが理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です