【iPhone修理】充電ができない非常事態に直面!

充電コネクタの入るソケット部分の突起が折れてしまい充電が一切できなくなってしまったことがあります。USBケーブルを指すことはできますが、穴が開いている状態で本来充電するための金具があるのですがその部分が完全に折れており充電が一切できないということです。折れた原因ですが、USBケーブルを新調した際、きつかったので無理やり外したら折れたということです。

充電ケーブルを差し込む部分のプラスチック部分がぽっきりと折れたということです。折れた原因はiphone自体が古く、充電ソケットが劣化していたのか、はたまた新しく新調した充電ケーブルがきつかったため無理やり外してしまった際に折れたのか分らないということです。気が付いたら折れていて、USBケーブル側にその折れた部分が引っ付いていたということです。

自分で修理をしました。iPhone修理の仕方ですが、結構分解の仕方を解説しているサイトが当時はありまして、動画のほか、静止画で分解の方法が乗っており、折れてしまった部品についてもインターネットで代理部品が普通に売られているため、代理品と交換して修理をしました。ちなみに分解に必要な工具は自宅に一式揃っており、携帯ゲーム機を修理する際に使用していた工具がそのまま応用できるため、液晶部分を取り外す吸盤だけを新しく購入し、液晶に吸盤をつけ、引っ張り外す形でiphoneを二つに外すことに成功し、その後は普通に精子が似て分解していきネジを外したりコネクタを付け替えたりして修理完了です。他の部分はあまり触っておらず極力、充電品だけを修理し元に戻したということです。

USBケーブルがきついと感じたら無理に外そう、または入れようとしないことにしました。ケーブル自体も相性がありきついものやそうではない物があるらしく、そうした詳しい情報を知らずにケーブルを新調したため、充電ソケット部分を破壊してしまう結果になりました。後、やはり純正の充電ケーブルを購入するという選択をするべきであった可能性もあります。よくわからないケーブルだったので、ひょっとしたら出来の悪い充電ケーブルだったのかもしれないです。ですので、保証期間内のiphoneを今度購入する場合においては純正の充電ケーブルを使用して、保証が過ぎてから新しい充電ケーブルを使用するかしないかを考えたうえで決めていくという方針にします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です